Top > OOoSDK > java > Tutorial > Hello
*Hello チュートリアル [#o5fed1f1]
UNO サービス com.sun.star.demo.Hello サービスを Java で実装します。

UNO の説明は,難しいのでとりあえず抜きにします。

さっそくチュートリアルに行きましょう。

+[[準備 - IDE でプロジェクトとパッケージの作成>./preparation]]
+[[IDL によるサービスとインターフェースの定義>./idl]]
+[[IDL ファイルのコンパイル>OOoSDK/java/Tutorial/Hello/idlc]]
+[[Hello サービスの実装>./service]]
+[[Talker クラスの実装>./talker]]
+[[Java ファイルのコンパイル>./java]]
+[[UNO パッケージの作成>./package]]
+[[パッケージのインストール>./install]]
+[[動作テスト>./test]]

ファイル &ref(./package/Hello_0.0.uno.zip);

このチュートリアルでは Java の IDE として Eclipse 3.0.0 を使用しました。NetBeans でも同じようにできると思います。

以下はこのページの目次です。コンポーネントの設計概要および資料についてです。

#contents
**com.sun.star.demo.Hello サービス [#d7ea0b99]
まずは,作成する com.sun.star.demo.Hello サービスの設計を行います。

+Hello サービスは demo モジュールの下に作成する。
+com.sun.star.demo.XHello インターフェースを実装する。

ここで登場する com.sun.star.demo.XHello インターフェースを次で設計します。

**com.sun.star.demo.XHello インターフェース [#z780e7d8]
ここでは,作成する com.sun.star.demo.XHello インターフェースの設計を行います。

+com.sun.star.demo.XHello インターフェースはメソッド sayHello() を持つ。
***sayHello() メソッド [#p40270a6]
sayHello() メソッドは次のようにします。

+"Hello!" 文字列を戻す。

 String sayHello()


**参考文献およびリンク [#ha31b7c7]
-技術評論社 JAVA PRESS vol.36 特集2 「OpenOffice.org + Java によるシステム開発入門」1-3 章 p.69
-Sun Microsystems [[SDK/JavaによるStarSuiteアドオン開発:http://sdc.sun.co.jp/solaris/starsuite/sample.html]]
-OpenOffice.org Developer's Guide
--4 Writing UNO Components
---4.2 Using UNOIDL to Specify New Components
---4.4 Core Interfaces to Implement
---4.5 Simple Component in Java
-OpenOffice.org SDK
--API Reference Manual (OpenOffice.org SDK 付属)
--IDL Reference

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes