Top > OOoBasic > Generic > keyboard

#contents
*操作を記録する
ユーザーの操作をマクロBasicとして記録します。
ここでは、新規の表計算ドキュメント(無題1)で、A2セルに数値を入力してみます。

+ ツール(T)-マクロ(M)-マクロの記録(A)
+ A2セルをクリック
+ 10と入力する
+ 表示されている「マクロの記録」バーの<記録の終了>ボタンをクリック
+「マクロ」ダイアログボックスが表示されたら、「マクロの保存先」として、無題1-Standardを選択する
+ <保存>ボタンをクリック
+「新しいモジュール」と表示されたら、名前="Module1"となっていることを確認して、<OK>ボタンをクリック

*マクロダイアログを呼び出す
マクロダイアログは、作成したマクロプログラムを管理します。

-ツール(T)-マクロ(M)-マクロ

先ほど記録した操作は、無題1-Standard-Module1-Macro1に保存されています。

*記録した操作を実行する
+ マクロダイアログを呼び出す
+ 実行したいマクロ(例:無題1-Standard-Module1-Macro1)を選択する
+ <実行>ボタンをクリック

*記録した操作のマクロプログラムを見る/編集する
BasicIDEを呼び出します。

+ マクロダイアログを呼び出す
+ 編集したいマクロ(例:無題1-Standard-Module1-Macro1)を選択する
+ <編集>ボタンをクリック

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes