Top > OOoBasic > Calc > drawpage

*ドロー ページ [#saacd0cf]
ドロー ページとは,図形描写などがおかれる部分です。部分といっても,Calc では一つのシートごとに一つのドロー ページがセットになっています。
*ドローページ [#saacd0cf]
ドローページとは,図形描写などがおかれる部分です。部分といっても,Calc では一つのシートごとに一つのドローページがセットになっています。

ドロー ページはシート コンテナのようにドキュメントないにあるドロー ページがまとめられたコンテナ オブジェクトとして,ドロー ページ コンテナがあります。
ドローページはシートコンテナのようにドキュメントないにあるドローページがまとめられたコンテナオブジェクトとして,ドローページコンテナがあります。

個別のドロー ページはシート オブジェクトからアクセスすることができます。また,ドロー ページ コンテナから各ドロー ページへアクセスすることもできます。
個別のドローページはシートオブジェクトからアクセスすることができます。また,ドローページコンテナから各ドローページへアクセスすることもできます。

いくつかの方法でドロー ページへアクセスしてみます。
いくつかの方法でドローページへアクセスしてみます。

#contents
**ドロー ページへのアクセス [#lac2dd46]
ドロー ページへアクセスしてみます。ドロー ページ オブジェクトを取得するといった方が正しいかもしれません。各ページのドロー ページへのアクセスおよびドロー ページ コンテナへのアクセスを別々に取り上げます。

**ドローページへのアクセス [#lac2dd46]
ドローページへアクセスしてみます。ドローページオブジェクトを取得するといった方が正しいかもしれません。各ページのドローページへのアクセスおよびドローページコンテナへのアクセスを別々に取り上げます。

***シートから [#gc4ff14f]
Calc ではシートごとにドロー ページは存在するので,シートからそのシートのドロー ページへアクセスすることが多くなります。そこで,ここではシートからドロー ページへアクセスしてみます。
Calc ではシートごとにドローページは存在するので,シートからそのシートのドローページへアクセスすることが多くなります。そこで,ここではシートからドローページへアクセスしてみます。

各ドキュメントに存在するシート オブジェクトからそのシートに対応したドロー ページへアクセスすることができます。このためには,シート オブジェクトの ''DrawPage'' プロパティーまたは ''getDrawPage'' メソッドを使用します。
#code(ob){{
Sub drawpage_1
Dim oDoc As Object, oSheets As Object
Dim oSheet As Object, oDrawPage As Object
各ドキュメントに存在するシートオブジェクトからそのシートに対応したドローページへアクセスすることができます。このためには,シートオブジェクトの ''DrawPage'' プロパティーまたは ''getDrawPage'' メソッドを使用します。

 Sub drawpage_1
 Dim oDoc As Object, oSheets As Object
 Dim oSheet As Object, oDrawPage As Object
 
   oDoc = ThisComponent
   oSheets = oDoc.getSheets()
   oSheet = oSheets.getByIndex(0)
   
   oDrawPage = oSheet.DrawPage // <<-
End Sub
}}
上記の例ではプロパティーを使用してシート オブジェクトからそのシートに対応するドロー ページ オブジェクトを取得しています。コメント アウトした次の行のメソッドによる方法も同じように使用することができます。
***ドロー ページ コンテナから [#ddd39b76]
そのドキュメントに存在するドロー ページすべてがまとめられたものがドロー ページコンテナです。このコンテナへはドキュメント オブジェクトからアクセスすることができます。
 End Sub

まずは,ドロー ページ コンテナを取得します。このためには,ドキュメント オブジェクトから ''DrawPages'' プロパティーまたは,''getDrawPages'' メソッドを使用します。
#code(ob){{
Sub drawpage_2
Dim oDoc As Object, oDrawPages As Object
上記の例ではプロパティーを使用してシートオブジェクトからそのシートに対応するドローページオブジェクトを取得しています。コメントアウトした次の行のメソッドによる方法も同じように使用することができます。

***ドローページコンテナから [#ddd39b76]
そのドキュメントに存在するドローページすべてがまとめられたものがドローページコンテナです。このコンテナへはドキュメントオブジェクトからアクセスすることができます。

まずは,ドローページコンテナを取得します。このためには,ドキュメントオブジェクトから ''DrawPages'' プロパティーまたは,''getDrawPages'' メソッドを使用します。

 Sub drawpage_2
 Dim oDoc As Object, oDrawPages As Object
 
   oDoc = ThisComponent
   oDrawPages = oDoc.DrawPages // <<-
End Sub
}}
ここではプロパティーを使用してドロー ページ コンテナを取得しましたが,コメント アウトした次の行のメソッドによる方法も有効です。
 End Sub

ここではプロパティーを使用してドローページコンテナを取得しましたが,コメントアウトした次の行のメソッドによる方法も有効です。


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes