Top > OOoBasic > Tutorial > dbginfo2sheet

*DbgInfo2sheet
このサイトの OpenOffice.org Basic のコード中でよく見かける DbgInfo2sheet 関数について説明します。

OOo Basic のオブジェクトはプロパティーやメソッドを持っています。しかし,そのオブジェクトがどのようなプロパティーやメソッドを持っているかを調べるには,変数を見ているだけでは分かりません。オブジェクトに対してこちらからなにかを行ってやる必要があります。

このためには,オブジェクトには Dbg_xxx というプロパティーが備えられています。''Dbg_Properties'', ''Dbg_Methods'', ''Dbg_SupportedInterfaces'' の三つです。

それぞれ,そのオブジェクトのプロパティー,メソッド,インターフェースの一覧を文字列として持つプロパティーです。

たとえば,ドキュメントオブジェクトの情報を知ろうとすると,次のようにプロパティーへアクセスします。

 Sub dbg_xxx
 Dim oDoc As Object
   oDoc = ThisComponent
   MsgBox oDoc.Dbg_Properties
   MsgBox oDoc.Dbg_Methods
   MsgBox oDoc.Dbg_SupportedInterfaces
 End Sub

このようにすることで一覧を見ることができます。しかし,可読性には優れません。というより読みにくいです。

そこで,これらをまとめて見やすく整形するのが DbgInfo2sheet です。

実行すると,次の絵のような感じになります。

 Sub dbg_dbginfo2sheet
 Dim oDoc As Object
   oDoc = ThisComponent
   Globalscope.BasicLibraries.LoadLibrary("mytools")
   DbgInfo2sheet(oDoc)
 End Sub

&ref(dbginfo2sheet.png);

一つの新しい Calc ドキュメントにプロパティー,メソッド,インターフェースをシートごとに分けて出力します。また,プロパティーなどを部分的に太字にしたり見やすく整形します。

シートにセルごとに分けて出力することでドキュメントを見やすく,また再利用することができると思います。

自分でプロパティーやメソッドごとに説明を書き込むとより使いやすくなります。

**インストール
DbgInfo2sheet を使いたくなってきたら,インストールしましょう。

DbgInfo2sheet は OOo に標準で入っていないので,ファイルからインストールする必要があります。

&ref(OOoBasic/Macros/DbgInfo2sheet/DbgInfo2sheet_01_install.sxw); からファイルをダウンロードします。

ファイルをダウンロードしたら,ファイルを OpenOffice.org Writer で開きます。

+開いたファイルにある「インストール」ボタンをクリックします。
+ダイアログが表示されるので,ダイアログにしたがってインストールします。

これでインストールが完了です。


使用の際は,
 Globalscope.BasicLibraries.LoadLibrary("mytools")
として事前にライブラリを読み込んでおくといいです。


**そのた

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes