Top > OOobbs2 > 20

OOobbs2/20 Edit

  • サマリ: 質問ではありません。MsgBox改め、MessageBoxを使用。
  • 環境: Calc
  • 状態: 未解決
  • 投稿者: ピポン?
  • 投稿日: 2006-12-29 (金) 14:40:37

質問 Edit

MsgBoxに不便を感じていたので、Dllを作成しました。 アップロードしたので、ご使用ください。

添付ファイルは3つあります。 1.ATLcom.ZIP:ATLcom.dllの圧縮ファイルです。(13Kb) 2.ATLcomLib.ZIP:ATLcom.dllのライブラリファイル(2Kb) 3.ATLcom.doc:ATLcom説明書

1,2を解凍してc:\Windows\System32内にコピーすると使えるようになります(XP)。

それぞれの責任においてご使用ください。

以下お品書き

‘////////////ATLcom.DLLの宣言・・ Declare Function MessageBox Lib "ATLcom.dll" Alias "mMessageBox" ( flag as integer,title as string,subtitle as string ) as integer Declare Function SelectBox Lib "ATLcom.dll" Alias "mSelectBox" (Width as integer,SelTitle as string,SelMsg as string ) as integer ‘////////////ダイナミックライブラリ宣言・・

‘///////////oMessage手続 sub oMessage

   title="toukyouto東京都"
   subtitle="神奈川県ppp"
   flag=0
   MessageBox(flag,title,subtitle)

end sub ‘//////////oMessage手続終了

flag:応答の種類を指定します。(引数名は[flag]を使用します。) title:タイトルバーに表示する文字列を指定します。(引数名は[title]を使用します。) subtitle:応答を求める文字列を指定します。(引数名は[subtitle]を使用します。)     subtitleを複数行で表示するときは、行末に chr$(13)を挟んでください。     例) subtitle="神奈川県ppp"  +  chr$(13) + "toukyouto東京都"     2行で表示されます。

Result=MessageBox(flag,title,subtitle)とすればResultにリターンコードが数字で返ってきます。 キャンセルでも、「Basic Error」になりません。 はい(OK):1 いいえ:0 キャンセル:−1

注意:関数の引数(文字変数名)をDll内で比較していますので、このままお使いください。    文字変数名を変えると、エラーになり動作しません。    ×MessageBox( 2,“title”,“subtitle”)   引数名が確認できないためエラーになります。    以下同じ。

‘/////////oSelectBox手続 sub oSelectBox

  SelTitle="選択箱"
   SelMsg="東京都kaiiあいうえお"  +  chr$(13)  +  chr(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "神奈川かきくけこ県abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"  +    chr(13)  +chr$(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "abc"  +  chr$(13)  +  chr(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "Sel京子Msg西原" +  chr$(13)  +  chr(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "東京都kaiiあいうえお"  +  chr$(13)  +  chr(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "神奈川かきくけこ県abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"  +    chr(13)  +chr$(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "abc"  +  chr$(13)  +  chr(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "Sel京子Msg西原" +  chr$(13)  +  chr(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "東京都kaiiあいうえお"  +  chr$(13)  +  chr(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "神奈川かきくけこ県abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"  +    chr(13)  +chr$(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "abc"  +  chr$(13)  +  chr(10)
   SelMsg=SelMsg  +  "Sel京子Msg西原"
   Width=6
   id=SelectBox(Width,SelTitle,SelMsg)
   title="回答の確認"
   subtitle="よろしいですか?"
   flag=2
	MessageBox(flag,title,subtitle)

end sub ‘/////////oSelectBox手続終了

Width:横スライドバーを表示するための横幅を指定します。(引数名[Width]を変えないでください。)     最大文字長さが 10×Width Pixel以上になったとき、横スライドバーが表示されます。     様子を見て適当に決めてください。 SelTitle:タイトル文字列(引数名[SelTitle]を変えないでください。) SelMsg:選択する文字列(引数名[SelMsg]を変えないでください。)     選択文の区切りは chr$(13)+chr$(10) を使用しています。最後行の文末は通常通りです。 注意:SelMsgの文字列総長さは2000文字です(ASCII)。 2000文字以内でお使いください。    2000文字を超えた部分は無視されます。 左ダブルクリックで文字列が選択されます。 idに選択行番号(上から1,2…)が返ります。 ×をクリックすると idに0が返ります。    

回答 Edit


感想,コメント,メモ Edit



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes