Top > OOoSF > Jython > Overview

概要 Edit

マクロの実行 Edit

マクロの実行は def で定義した関数ごとです。PythonInterpreter で execfile しているためマクロの実行ダイアログなどで開こうとすると。

マクロの配置 Edit

Jython スクリプトのファイルは user/Scripts/jython (jython は小文字) ディレクトリにおきます。これ以下のディレクトリにサブディレクトリがあった場合には *.py ファイルはすべて認識されます。

マクロの編集 Edit

マクロの管理ダイアログからの編集は現在は利用できません。

拡張機能でのマクロの配置 Edit

未確認

スクリプトコンテキスト Edit

XSCRIPTCONTEXT

コンポーネントコンテキスト Edit

ctx = XSCRIPTCONTEXT.getComponentContext()

サービスマネーじゃ Edit

smgr = ctx.getServiceManager()

デスクトップ Edit

desktop = XSCRIPTCONTEXT.getDesktop()

ドキュメント Edit

doc = XSCRIPTCONTEXT.getDocument()

日本語 Edit

coding を指定しておいて。

#!
# -*- coding: utf-8 -*-

u"にっぽんご"

import Edit

python でのようにおこないます。

from com.sun.star.awt import Rectangle

struct Edit

import します

from com.sun.star.util import URL

constant Edit

import します。

from com.sun.star.awt.FontWeight import BOLD as FW_BOLD

enum Edit

import してください

from com.sun.star.awt.FontSlant import ITALIC as FS_ITALIC

インターフェースのクエリ Edit

Java で行うのと同じようにします。

from com.sun.star.uno import UnoRuntime
from com.sun.star.text import TextDocument

def writer_test():
    doc = XSCRIPTCONTEXT.getDocument()
    txtDoc = UnoRuntime.queryInterface(XTextDocument, doc)
    txt = txtDoc.getText()

実行するスクリプト一覧に表示される関数名 Edit

ツール - マクロ - Organize Macros - Jython またはマクロの実行に表示される関数名を指定します。

g_exportedScripts 変数に表示したい関数を指定します。変数には tuple で与えて下さい。

g_exportedScripts = function1, function2

関数名ではなく関数を与えます。

例外 Edit

try, except, finally などで

import と path およびカレントディレクトリ Edit

スクリプトを読み込む前に "." および拡張機能パッケージのディレクトリを sys.path に追加しています。また、カレントディレクトリを実行するスクリプトのあるディレクトリに変更しているため同じディレクトリからファイルを import することができます。 その他の一般的なものは jython.jar/Lib にあります。

Jython マクロの管理ダイアログ Edit

.uno:ScriptOrganizer?ScriptOrganizer.Language:string=Jython

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes