Top > OOoSDK > java > Tutorial > Hello > java

Java ファイルのコンパイル

ここまでに作成した 3 つの .java ファイルのコンパイルを行います。

  1. IDL ファイルのコンパイル で作成した fileXHello.java
  2. Talker クラスの実装 で作成した fileTalker.java
  3. Hello サービスの実装 で作成した fileHello.java

の三つです。

ここまで,IDE を使用して作成した人は勝手にコンパイルされているかもしれません。その場合には生成した XHello.class, Talker.class, Hello.class を使用できます。わざわざ以下のようにコンパイルする必要はありません。

コンパイル

いまのファイル構成は次のようになっています。図の赤線を引いたファイルをコンパイルします。

java.png

さっそくコンパイルです。現在のディレクトリは hello です。

javac com\sun\star\demo\XHello.java
javac com\sun\star\comp\demo\Talker.java
javac com\sun\star\comp\demo\Hello.java

jar ファイルの作成 1

三つのファイルをコンパイルしてできた三つのクラスファイル XHello.class, Talker.class, Hello.class を一つの jar ファイルにまとめます。

jar ファイルにまとめる前にマニフェストファイルを作成する必要があります。

マニフェストファイルの作成

jar ファイルに取り込ませるマニフェストファイルを作成します。

マニフェストファイルでは,__getServiceFactory() メソッドを持っているクラスファイルを指定します。

今回は,Hello サービスを実装した Hello.java で定義したのでこのファイルに __getServiceFactory() はあります。そこで,マニフェストファイルの内容は次のようにします。ここでは,ファイル名を "Manifest" としました。fileManifest

RegistrationClassName: com.sun.star.comp.demo.Hello

作成した Manifest ファイルは hello ディレクトリに入れておきます。

jar ファイルの作成 2

jar ファイルを作成する前に必要なマニフェストファイルを作成したら,jar ファイルを作成します。現在のディレクトリは hello です。

jar cvfm hello.jar Manifest com\sun\star\demo\*.class com\sun\star\comp\demo\*.class

または

jar cvfm hello.jar Manifest com/sun/star/demo/*.class com/sun/star/comp/demo/*.class

として hello ディレクトリに hello.jar ファイルを作成します。


これで,Java ファイルのコンパイルは終了です。filehello.jar

つづいて,

UNO パッケージの作成 に移ります。


Attach file: filehello.jar 339 download [Information] filejava.png 302 download [Information] fileManifest 506 download [Information]

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes