Top > OOoSDK > java > Tutorial > Hello

Hello チュートリアル Edit

UNO サービス com.sun.star.demo.Hello サービスを Java で実装します。

UNO の説明は,難しいのでとりあえず抜きにします。

さっそくチュートリアルに行きましょう。

  1. 準備 - IDE でプロジェクトとパッケージの作成
  2. IDL によるサービスとインターフェースの定義
  3. IDL ファイルのコンパイル
  4. Hello サービスの実装
  5. Talker クラスの実装
  6. Java ファイルのコンパイル
  7. UNO パッケージの作成
  8. パッケージのインストール
  9. 動作テスト

ファイル fileHello_0.0.uno.zip

このチュートリアルでは Java の IDE として Eclipse 3.0.0 を使用しました。NetBeans でも同じようにできると思います。

以下はこのページの目次です。コンポーネントの設計概要および資料についてです。

com.sun.star.demo.Hello サービス Edit

まずは,作成する com.sun.star.demo.Hello サービスの設計を行います。

  1. Hello サービスは demo モジュールの下に作成する。
  2. com.sun.star.demo.XHello インターフェースを実装する。

ここで登場する com.sun.star.demo.XHello インターフェースを次で設計します。

com.sun.star.demo.XHello インターフェース Edit

ここでは,作成する com.sun.star.demo.XHello インターフェースの設計を行います。

  1. com.sun.star.demo.XHello インターフェースはメソッド sayHello() を持つ。

sayHello() メソッド Edit

sayHello() メソッドは次のようにします。

  1. "Hello!" 文字列を戻す。
String sayHello()

参考文献およびリンク Edit

  • 技術評論社 JAVA PRESS vol.36 特集2 「OpenOffice.org + Java によるシステム開発入門」1-3 章 p.69
  • Sun Microsystems SDK/JavaによるStarSuiteアドオン開発
  • OpenOffice.org Developer's Guide
    • 4 Writing UNO Components
      • 4.2 Using UNOIDL to Specify New Components
      • 4.4 Core Interfaces to Implement
      • 4.5 Simple Component in Java
  • OpenOffice.org SDK
    • API Reference Manual (OpenOffice.org SDK 付属)
    • IDL Reference

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes