Top > OOoSDK > devtools

Development Tools

SDK 付属の Development Tools の使い方は SDK の付属ドキュメントに載っています。

idlc
The UNOIDL compiler, generates a common binary type library format as base for all codemaker tools and the UNO runtime type library. UNOIDL コンパイラ。
cppumaker
Tool for generating C++ code for the UNOIDL types stored in a type library.
javamaker
Tool for generating Java code for the UNOIDL types stored in a type library.
rdbmaker
Tool for building type libraries with only a specified set of types and their dependencies.
pkgchk
The UNO package deployment tool. UNO パッケージを展開ツール。UNO パッケージの管理ツール。
regcomp
The UNO component registration tool.
regmerge
Tool to merge several registry (type libraries) files into one file. いくつかのレジストリファイル (タイプライブラリ) を一つのファイルにまとめるためのツール。
regview
Tool to view the content of a registry key (type node).
xml2cmp
A small helper tool to extract different information from xml module description files.
uno
Tool to start UNO components and provide a UNO runtime environment.
autodoc
Tool to generate javadoc-like documentation for C/C++ and UNOIDL files.

idlc

'idlc' is the UNOIDL compiler. It is a full featured compiler used to check UNODL type definitions and transform valid type definitions into a binary type library format, which is later used by all codemaker tools. It is also used as a dynamic type library for UNO at runtime.

You can find a syntax description for UNOIDL here.

'idlc' は UNOIDL コンパイラです。UNOIDL タイプの定義をチェックするために使う完全な機能を持ったコンパイラで,有効なタイプの定義ファイルをバイナリ形式のタイプライブラリフォーマットに変換する。後ほどすべてのコードメーカーツールで使用されます。runtime で動的な UNO のためのタイプライブラリとしても使えます。

Usage

idlc [-options] file_1 ... file_n | @<filename>
file_1 ... file_nspecifies one or more idl files. Only files with the extension '.idl' are valid. 一つまたはそれ以上の idl ファイルを指定する。拡張子が '.idl' のファイルのみが有効です。
@<filename>filename specifies the name of a command file. filename がコマンドファイルの名前を指定する。

Options

-O<path>path describes the output directory. The generated output is a registry file with the same name as the idl input file. path が出力するディレクトリを指定する。生成された出力ファイルは idl 入力ファイルと同じ名前を持ったレジストリファイル。
-I<path>path specifies a directory where included files that will be searched by the preprocessor are located. Multiple directories can be combined with ';'. path がプリプロセッサによって検索されるインクルードファイルがあるディレクトリを指定する。複数のディレクトリは ';' で連結できます。
-D<name>name defines a macro for the preprocessor. name がプリプロセッサのためのマクロを指定します。
-Cgenerates complete type information‚ including additional service information and documentation. 追加のサービス情報とドキュメントを含む完全なタイプ情報を生成する。
-h|?print this help message and exit.ヘルプメッセージを出力して終了する。

javamaker

The javamaker generates the appropriate java file for each idl type. The javamaker works on a typelibrary which is generated by the unoidl. It generates the output for all specified types and for all types the specified types depend on.

javamaker はそれぞれの idl タイプに特有の java ファイルを生成します。javamaker は unoidl によって生成されたタイプライブラリ上で動作します。すべての指定したタイプと指定したタイプにもとづくすべてのタイプの出力を生成します。

Usage

javamaker [-options] file_1 ... file_n

Options

-O<path>path describes the root directory for the generated output. The output directory tree is generated under this directory. path が生成された出力のためのルートディレクトリを指定します。出力ディレクトリツリーがこのディレクトリに生成されます。
-T<name>name specifies a type or a list of types. The output for this [t1;...] type is generated. If no '-T' option is specified‚ then output for all types is generated. name がタイプまたはタイプのリストを指定します。この [t1;...] タイプのための出力が生成されます。'-T' オプションが指定されないときはすべてのタイプの出力が生成されます。
-B<name>name specifies the base node. All types are searched under this node. Default is the root '/' of the registry files. name がベースのノードを指定します。すべてのタイプがこのノードしたで探されます。デフォルトはレジストリファイルの '/' ルートです。

pkgchk (pkgchk.bin)

'pkgchk' is a tool for easy deployment of UNO packages in an existing office installation. UNO packages are UNO components (single libraries or Jar files or more complex zip files that contains one or more libraries|Jar files, type libraries and configuration items) and OpenOffice.org 1.1 libraries as zip package. More detailed information comes with the developer documentation in the final release of the SDK.

'pkgchk' は存在するインストールされたオフィースに UNO パッケージの簡単な展開のためのツールです。UNO パッケージは UNO コンポーネント,zip パッケージとしての OpenOffice.org 1.1 ライブラリです。(一つまたはそれ以上のライブラリまたは Jar ファイル,タイプライブラリ,設定項目を含んだ単一のライブラリまたは Jar ファイル,より複雑な zip ファイルです。)詳細については SDK の最終リリースの開発ドキュメント付属しています。

Note: This tool works only in the <office>/program directory and must be copied together with the library (libpgkchkXXX.so (Unix), pkgchkXXX.dll (windows)) into this directory. Later office versions will probably come directly with this tool. Unix users additionally have to create a link in the <office>/program directory; move into the <office>/program directory and use the following command: 'ln -s soffice pkgchk'

注意: このツールは <office>/program ディレクトリのみで動作し,ライブラリ (libpgkchkXXX.so (Unix), pkgchkXXX.dll (windows)) とともにこのディレクトリにコピーする必要があります。後のオフィースのバージョンではこのツールがそのディレクトリに付属しているかもしれません。Unix ユーザーはさらに <office>/program ディレクトリにリンクを作成する必要があります。<office>/program ディレクトリに移動して,つぎのコマンドを使用します。'ln -s soffice pkgchk'

Usage

pkgchk <options> [package1 package2 ... ]

Options

-s‚ --shared|revokecheck/install shared components; default: user チェックまたはインストール時に shared コンポーネントに行うかどうかをしていします。でふぉるとでは user にインストール,チェックされます。
-r‚ --renewalre-install all packages (useful for cache inconsistencies). すべてのパッケージを再インストールします。(キャッシュが不整合のときに有用です。)
-f‚ --force-overwriteforce overwrite existing packages when copying from command line. コマンドラインからコピーするとき存在するパッケージを上書きを強制します。
-v‚ --verboseverbose output to stdout. 標準出力への出力のおしゃべりモードにします。
-l‚ --log [<file>]custom log file; default: <cache>/log.txt. カスタムログファイルを指定します。デフォルトは <cache>/log.txt です。このファイルは user または shared の uno_packages ディレクトリに作成されます。
--strict_error_handlingbreak process immediately if errors occur. エラーが生じたときにすぐにプロセスから抜け出します。
--supersede_basic_libsoverwrite existing basic library entries of same name. 存在する同じ名前の basic ライブラリのエントリを上書きします。
--check_unorc_onlycheck/patch only the unorc (Unix)‚ uni.ini (Windows). unorc (Unix)‚ uni.ini (Windows) のみにチェックまたはパッチを当てる
--no_unorc_patchdon't touch unorc (Unix)‚ uni.ini (Windows). unorc (Unix)‚ uni.ini (Windows) に触れない。
-h‚ --helpprint a command line help to stdout. 標準出力へコマンドラインヘルプを出力します。

regmerge

'regmerge' is a small tool to merge different registry files under a specified key into another registry file. If a value already exists in the target file the value would be overwritten by the value of the source file.

'regmerge' はもう一つのレジストリファイルの指定したキーの下に別々のレジストリファイルを結合する小さなツールです。結合するファイルにすでに値が存在するときは,与えたファイルの値で上書きされます。

Usage

regmerge <mergefile> mergeKeyName <regfile_1> ... <regfile_n>

Options

-register|revokeregister means that the components will be installed and revoke means that they will be removed. register はコンポーネントがインストールされるかどうかを,revoke は削除されるかを意味します。
-br<registryfile>the name of the registry used for bootstrapping the program. If the bootstrap registry is specified and has the same name as the registration registry‚ '-r' is optional. プログラムのブートストラップのために使われるレジストリ名。ブートストラップレジストリが指定され,登録されるレジストリと同じ名前のとき,'-r' はオプションになります。
-r<registryfile>the name of the registry (will be created if it does not exist) where the component should be registered. コンポーネントを登録するレジストリ名。(存在しないときは作成される)
-c<locationUrls>the location of an component (DLL‚ Class name‚ or an url of a jar file) or a list of urls separated by ';'s. Note‚ if a list of urls is specified‚ the components must all need the same loader. コンポーネントの場所または ';' で分割した url のリスト (DLL‚ Class name‚ or an url of a jar file)。url のリストが指定されたときは,コンポーネントはすべて同じローダーを必要としなければいけないことに注意してください。
-l<componentLoaderName>the name of the needed loader‚ if no loader is specified the 'com.sun.star.loader.SharedLibrary' is used. Supported loaders: 'com.sun.star.loader.SharedLibrary' | 'com.sun.star.loader.Java'. 必要なローダー名。ローダーを指定しないときは, 'com.sun.star.loader.SharedLibrary' が使用されます。サポートしているローダーは 'com.sun.star.loader.SharedLibrary' | 'com.sun.star.loader.Java' です。

regview

'regview' is a tool to show the contents of a registry file. The tool dumps the hierarchical structure and the values of the nodes to stdout in a readable form. 'regview' はレジストリファイルの内容を表示するためのツールです。このツールは,ノードの階層構造と値を読める形式で標準出力に打ち出します。

Usage

regview <registryfile> [<keyName>]

Options

-br<registryfile>the name of the registry whose contents should be viewed. みるコンテンツのレジストリ名。
<keyName>the name of a registry key. The name must be fully qualified; for example‚ '/' means the root key and '/UCR/com/sun/star/uno/XInterface' shows the type specification of the XInterface type. If no key is specified‚ the tool dumps the whole content of the registry file. レジストリキー名。この名前は完全に制限される必要があります。たとえば,'/' はルートキーを意味します。'/UCR/com/sun/star/uno/XInterface' は XInterface タイプの型指定を表示します。キーが指定されないときは,レジストリファイルのすべてのコンテンツを打ち出します。

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes