Top > OOoBasic > Writer > TextSection

セクション Edit

セクションは段落を含むドキュメントの一部分です。Writer ではもっとも大きなフォーマットされる構造になります。

セクションは他のドキュメントのセクションをリンクしたり、列に区切ったりといったことができます。

セクションコンテナ Edit

ドキュメントに存在するセクションすべてをまとめるセクションコンテナオブジェクトにドキュメントオブジェクトの TextSections プロパティでアクセスできます。

Sub textsection_5
  oDoc = ThisComponent
  oSections = oDoc.getTextSections()
End Sub

個々のセクションは com.sun.star.container.XIndexAccess および com.sun.star.container.XNameAccess で管理されています。

セクションの挿入 Edit

セクションは com.sun.star.text.TextSection サービスです。このサービスをインスタンス化してテキストコンテンツとして挿入します。

Sub textsection_1
  oDoc = ThisComponent
  oText = oDoc.getText()
  oEnd = oText.getEnd()
  
  oSection = oDoc.createInstance("com.sun.star.text.TextSection")
  oSection.Name = "New_Section1"
  oText.insertTextContent(oEnd,oSection,False)
End Sub

セクションの削除 Edit

セクションの削除はセクションコンテナなどからセクションオブジェクトを取得し、removeTextContent メソッドで削除します。

Sub textsections_4
  oDoc = ThisComponent
  oText = oDoc.getText()
  oSections = oDoc.TextSections
  sNames = oSections.getElementNames()
  
  For i = 0 To UBound(sNames)
    oSection = oSections.getByName(sNames(i))
    oText.removeTextContent(oSection)
  Next i
End Sub

セクションのプロパティ Edit

プロパティ
Anchor.text.XTextRangeアンカー
AnchorType.text.TextContentAnchorTypeアンカータイプ
AnchorTypes[].text.TextContentAnchorType
BackColorlong背景色
BackGraphicFilterstring背景画像フィルタ
BackGraphicLocation.style.GraphicLocation背景画像配置
BackGraphicURLstring背景画像URL
BackTransparentboolean背景透過
ChildSections[].text.XTextSection子要素
ConditionstringHide 時の条件
DDECommandElementstringDDE 要素
DDECommandFilestringDDE ファイル
DDECommandTypestringDDE コマンドタイプ
DocumentIndex.text.XDocumentIndexインデックス
DontBalanceTextColumnsboolean段組幅自動調整しない
EditInReadonlyboolean読み込み専用時に編集
EndRedline[].beans.PropertyValue
EndnoteIsCollectAtTextEndboolean最後に配置
EndnoteIsOwnNumberingboolean別の番号付け
EndnoteIsRestartNumberingboolean番号付け開始
EndnoteNumberingPrefixstring番号付け接頭語
EndnoteNumberingSuffixstring番号付け接尾語
EndnoteNumberingTypeshort番号付けタイプ
EndnoteRestartNumberingAtshort番号付け再開する値
FileLink.text.SectionFileLinkファイルリンク
FootnoteIsCollectAtTextEndboolean最後に配置
FootnoteIsOwnNumberingboolean別の番号付け
FootnoteIsRestartNumberingboolean番号付け開始
FootnoteNumberingPrefixstring番号付け接頭語
FootnoteNumberingSuffixstring番号付け接尾語
FootnoteNumberingTypeshort番号付けタイプ
FootnoteRestartNumberingAtshort番号付け再開時値
IsAutomaticUpdatebooleanDDE 自動アップデート
IsCurrentlyVisibleboolean現在の表示状態
IsGlobalDocumentSectionboolean
IsProtectedboolean保護
IsVisibleboolean表示
LinkDisplayNamestringリンク表示名
LinkRegionstringリンクセクション名
Namestringセクション名
ParentSection.text.XTextSection親要素
ProtectionKey[]byteパスワード保護キー
SectionLeftMarginlong左余白
SectionRightMarginlong右余白
StartRedline[].beans.PropertyValue
TextColumns.text.XTextColumns段組み
TextWrap.text.WrapTextModeテキスト回り込み
WritingModeshort文章方向

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes