Top > OOoBasic > Window > Dialogs

OOo Basic 以外でエラーダイアログなどを利用する Edit

OOo Basic では MsgBox を利用すると簡単にエラーや情報、などの表示ができます。しかし、Python や他の言語からでは OOo Basic と同じようには利用できません。

その代わりに com.sun.star.awt.XMessageBoxFactory インターフェースを利用します。

ダイアログの種類 Edit

ダイアログの種類は次のものがあります。ボタンの表示指定は com.sun.star.awt.MessageBoxButtons の定数で行います。

サービス名ダイアログ
messboxメッセージボックス
warningbox警告
errorboxエラー
querybox疑問
infobox情報

Edit

Py-UNO だと適当に次のような感じにします。ダイアログのサイズを指定しても無視されるので (自動調整) 適当にします。

  0
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
import uno
 
def message_box(toolkit,parent,box_type,btns,title="",message=""):
    return toolkit.createMessageBox(
        parent,
        uno.createUnoStruct("com.sun.star.awt.Rectangle"),
        box_type, btns,
        title, message)
 
 
def show_dlg():
    #.... needs toolkit and window peer as parent
    dlg = message_box(toolkit,parent,"errorbox",1,"error","!!! error.")
    n = dlg.execute()
    dlg.dispose()

createMessageBox メソッドの戻り値は executable ダイアログなので、表示は execute メソッドで行います。ダイアログは使い終わったら dispose してやります。


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes