Top > OOoBasic > Tutorial > document

ドキュメント編

OpenOffice.org Basic でマクロを書くのに,ドキュメントにアクセスすることができなければ始まりません。

Calc のセルから文字列を取得したり,計算したり ... などなどマクロではさまざまなことができます。

さあ,ドキュメントにアクセスしてみましょう。

さっそく,といきたいところですが,まずチュートリアル用に新規の Calc ドキュメントを一つ用意します。新規に作成してください。

チュートリアルの IDE にしたがって "Standard" ライブラリに "Module1" モジュールを作成します。ここでマクロを作成していきます。

ThisComponent

ドキュメントにアクセスするためにはドキュメントオブジェクト (ここではこのように呼ぶことにします) を取得することが必要です。このために組み込みのステートメント ThisComponent を使用します。

次のコードで変数 oDoc にドキュメントオブジェクトを取得します。

Dim oDoc As Object
  oDoc = ThisComponent

このままでは動きませんがこれを組み込むことでドキュメントにアクセスすることができるようになります。この ThisComponent はドキュメントの種類にかかわらず使用することができます。Writer, Calc, Draw, Impress ドキュメントなどです。

このドキュメントオブジェクトからプロパティーとメソッドを使用してドキュメントにアクセスしていくことになります。

ここで例として使用している Calc ドキュメントではこのオブジェクトはたくさんのプロパティーとメソッドを持っています。ここ?

ドキュメントオブジェクトの持つプロパティーなどはチュートリアルで扱うにはあまりおもしろくありません。しかし,ひとつ取り上げてみます。

ファイルの Url を保持するプロパティー URL を使用してみます。次のようにするとファイルの URL が表示されます。

Sub Main
Dim oDoc As Object
  oDoc = ThisComponent
  MsgBox oDoc.URL
End Sub

ThisComponent についてはこれくらいにして Calc ドキュメントらしくシートやセルにアクセスしていきましょう。


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes