Top > OOoBasic > Macros > MRI > Documentation > Properties

Properties Edit

Properties スコープでは UNO オブジェクトのプロパティに関する情報が得られます。

properties-window.png

プロパティ情報をみる Edit

プロパティの情報はプロパティごとに各行でインフォメーションエディットに表示されます。

Name                   Type     Value           Info.  Attr.     Handle
CharFontName           string   Times New Roman        Maybevoid   27  
AvailableServiceNames  []string -SEQUENCE-      Pseud  ReadOnly   151

CharFontName プロパティは、"string" タイプの値を持ち、その値は "Times New Roman" です。Info. の項目は空欄、プロパティ値は "Maybevoid"、ハンドル値は "27" です。

つぎの AvailableServiceNames プロパティは "[]string" 型の値を持ちます。これは string 型のシークエンスを示しています。値は "-SEQUENCE-" と表示されていますが、これは -type- の型の値が文字列として表示できないときにこのように表示されます。Info. には "Pseud" と表示されています。このタイプのプロパティに関しては後述します。

プロパティ値が文字列のとき、CR や LF といった文字は \r と \n に置換されて表示されます。

Pseudo Property Edit

2種類のプロパティ値があり、そのうち一つは普通のプロパティです。もう一方は Pseud プロパティと呼ばれます。このプロパティは introspection によりマップされたプロパティで com.sun.star.beans.XPropertySet インターフェースにエントリーがありません。そのため、XPropertySet インターフェースのメソッドを利用して値を取得、設定できません。(その代わりにマップもとの専用のメソッドが存在します。) たとえば、Args プロパティは getArgs メソッドからマップされたものです。

MRI はプロパティ値の取得、設定に XPropertySet インターフェースを利用していますが、Pseud プロパティの時には対応するメソッドを勝手に呼び出します。

特殊表記 Edit

インフォメーションエディットで型や値に特殊な表記が現れます。

表記の示す意味は以下のとおりです。

型関連

TypeDescription
[]typetype 型の値のシークエンス

値関連

ValueDescription
""空の文字列
-void-空 (値自体が空)
-UPPERCASE-文字列に変換して表示できない型の値
-Error-値取得時にエラー

Info. 情報関連

InformationDescription
PseudPseud プロパティ
-----取得されていない値
Ignored無視されるリストにエントリーされているプロパティ

プロパティ値の取得 Edit

MRI ウィンドウの Mode メニューを Get モードに変更し、取得したいプロパティ名が表示されている行をダブルクリックしてそのプロパティ値を取得できます。値は typeclass から型を判断して適当な方法で表示されます。

プロパティ値の設定 Edit

モードを "Set" に設定すると、プロパティ値を設定できます。このとき設定できる値は、数値、文字列、enum、真偽値の型を持つもののみです。

properties-set.png

設定したいプロパティ名が表示されている行をダブルクリックするとき、プロパティが読み込み専用でないとき、また設定できる型の値のときに上記のようなダイアログが表示されます。値をダイアログのエディットボックスに入力してください。入力された値は型に応じて変換設定されます。

真偽型の値は 0 または false が False、1 または true が True に、そのほかは全て False に変換されます。文字列は小文字に変換して判断されます。

プロパティが pseud プロパティの時には対応するメソッドが呼び出されます。Methods スコープの項目を参照。

プロパティ値を設定したとき、MRI は情報ウィンドウを再度読み込みます。このとき、インフォメーションエディットのスクロール値およびカーソル位置を保持しようとします。

Modifier Keys Edit

インフォメーションエディットのダブルクリック時に次のキーを利用できます。

KeyDescription
Ctrlダブルクリックのアクションを無視します
Alt一時的に Get と Set のモードを切り替えます

Attach file: fileproperties-window.png 155 download [Information] fileproperties-set.png 139 download [Information]

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes