Top > OOoBasic > Impress > Presentation

プレゼンテーション Edit

Impress のドキュメントのプレゼンテーションを取り扱います。

プレゼンテーション中にスライド上の図形描写オブジェクトを変更しようとしてもうまくいきません。ページの切り替え操作が入るのであれば変更が描写されますが、それ以外の場合、現在のバージョンでは解決方法はありません。

プレゼンテーションオブジェクト Edit

プレゼンテーションオブジェクトを取得する必要があります。getPresentation メソッドを使用します。

Sub presentation_1
Dim oDoc As Object
Dim oPre As Object

  oDoc = ThisComponent
  oPre = oDoc.getPresentation()
End Sub

プレゼンテーションを開始するには start メソッドを使用します。また,プレゼンテーションを終了するには end メソッドを使用します。

Sub presentation_2
Dim oDoc As Object
Dim oPre As Object

  oDoc = ThisComponent
  oPre = oDoc.getPresentation()
  oPre.start()
  wait 10000
  oPre.end()
End Sub

これらのメソッドを使用することで簡単にプレゼンテーションを開始することが出来ます。

プレゼンテーションのプロパティ Edit

プロパティ説明
AllowAnimationsbooleanアニメーションを許可
CustomShowstringカスタムスライドショー名
Displaylongディスプレイ ID
FirstPagestring空でないとき、最初のページ名
IsAlwaysOnTopboolean常にトップに
IsAutomaticboolean自動実行
IsEndlessboolean繰り返し実行
IsFullScreenbooleanフルスクリーンモード
IsMouseVisiblebooleanマウス表示
IsShowAllboolean
IsShowLogoboolean最終ページにロゴを表示
IsTransitionOnClickbooleanクリックで移動
Pauselong自動実行時の間隔
StartWithNavigatorbooleanナビゲータの表示
UsePenbooleanペンの利用

カスタムスライドショー Edit

独自に定義した順序でスライドを表示するプレゼンテーションを構成、設定します。

Sub CustomPresentation
 sCustomName = "Custom1"
 oDoc = ThisComponent
 oDrawPages = oDoc.getDrawPages()
 
 oCustomPresentations = oDoc.getCustomPresentations()
 
 oPresen = oCustomPresentations.createInstance()
 
 oPresen.insertByIndex(0, oDrawPages.getByIndex(0))
 oPresen.insertByIndex(1, oDrawPages.getByIndex(2))
 oPresen.insertByIndex(2, oDrawPages.getByIndex(1))
 
 oCustomPresentations.insertByName(sCustomName, oPresen)
 oDoc.getPresentation().CustomShow = sCustomName
End Sub

スライドショーコントローラ Edit

スライドショーコントローラ参照。


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes