Top > OOoBasic > Generic > ScriptingURL

Scripting URL Edit

Framework Script のマクロを実行するときの URL 表記。

OOo Basic だけのころは macro://Standard.Module1.Main() といった形で指定できたのですが、その他のものが登場したため一般的なものが用意されています。

URL は次のように始まります。

vnd.sun.star.script:

例を挙げます。

  • OOo Basic のマクロを実行。application ライブラリまたは document ライブラリ
    vnd.sun.star.script:Standard.Module1.Main?language=Basic&location=application
    vnd.sun.star.script:Standard.Module1.Main?language=Basic&location=document
  • BeanShell のマクロ。user のライブラリ、share ライブラリ、document ライブラリ
    vnd.sun.star.script:mytools_net.Macro1.bsh?language=BeanShell&location=user
    vnd.sun.star.script:HelloWorld.helloworld.bsh?language=BeanShell&location=share
    vnd.sun.star.script:Library1.Macro1.bsh?language=BeanShell&location=document
  • Javascript
    vnd.sun.star.script:Highlight.ShowDialog.js?language=JavaScript&location=share
  • Java
    vnd.sun.star.script:MemoryUsage.MemoryUsage.updateMemoryUsage?language=Java&location=share
  • Python
    vnd.sun.star.script:dechex.py$run_dechex?language=Python&location=user
    vnd.sun.star.script:MRI.MRI.py$run_mri?language=Python&location=user

OOo Basic と Python のみ少し違います。OOo Basic ではアプリケーションライブラリが user と share が区別されません。Python では一つのファイルに関数を複数入れることができるのでファイル名と関数名を "$" で区切ります。

スクリプトの URL を簡単に取得できるマクロ。 sb


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes