Top > OOoBasic > Dialog > TextField

テキストボックス Edit

ユーザーに文字列を入力させたりといったことに利用されます。動作に応じて表示文字を変更されたりする、多用されるコントロールです。

プロパティ Edit

他のコントロールと共通のプロパティは次のものです。

テキスト Edit

プロパティ説明
Textstring表示する/されている文字列。
HideInactiveSelectionbooleanコントロールにフォーカスが無いときに選択範囲を表示しない。
LineEndFormatinteger改行形式の指定。com.sun.star.awt.LineEndFormat.CARRIAGE_RETURN、LINE_FEED、CARRIAGE_RETURN_LINE_FEED
MaxTextLeninteger最大文字数。
MultiLineboolean複数行利用。
HardLineBreaksboolean強制的な改行を利用するかどうか。Shift+Enter で強制改行可能。
HideInactiveSelectionbooleanフォーカスがない場合に選択範囲を非表示
PaintTransparentboolean背景を透明
WritingModeshort文字の方向

エコー文字 Edit

プロパティ説明
EchoCharintegerパスワードフィールドとして利用するときのエコー文字。ascii コードで指定する。

スクロールバー Edit

プロパティ説明
HScrollboolean水平スクロールバーの表示。
VScrollboolean垂直スクロールバーの表示

選択範囲 Edit

テキストボックスで選択範囲状態の文字列を取得できます。

コントローラ Edit

コントロールのコントローラオブジェクト

Editableboolean編集可能
MaxTextLenshortテキスト最大長
SelectedTextstring選択テキスト
Selection.awt.Selection選択範囲
Textstringテキスト
  • void setText ( [in] string aText )
    • 文字列を設定する
  • void setMaxTextLen ( [in] short nLen )
    • 入力可能文字列最大長を指定する
  • void setSelection ( [in] com.sun.star.awt.Selection aSelection )
    • 選択状態にする
  • void insertText ( [in] com.sun.star.awt.Selection Sel, [in] string Text )
    • 指定位置に文字列を挿入する
  • string getSelectedText ()
    • 選択中文字列を取得する
  • com.sun.star.awt.Selection getSelection ()
    • 選択範囲を取得する

最終行にその行を表示させるように追加 Edit

Sub DialogTest
 dlg = CreateUnoDialog(DialogLibraries.Standard.Dialog1)
 dlg.execute()
End Sub


Sub InputLIne(ev)
 Static nLineNumber As Integer
 nLineNumber = nLineNumber + 1
 dlg = ev.Source.getContext()
 oEdit = dlg.getControl("TextField1")
 sText = oEdit.getText()
 
 aSel = CreateUnoStruct("com.sun.star.awt.Selection")
 aSel.Min = Len(sText)
 aSel.Max = Len(sText)
 oEdit.setSelection(aSel)
 oEdit.insertText(aSel, "New Line: " & CStr(nLineNumber) & chr(10))
End Sub

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes