Top > OOoBasic > Dialog > FormattedField

書式設定されたフィールド Edit

書式設定された数値を表示するフィールド。

プロパティ Edit

他のコントロールと共通のプロパティは次のものです。

Edit

プロパティ説明
EffectiveDefaultany/voidデフォルトの値または文字列。
EffectiveMaxdouble/void入力できる最大値。
EffectiveMindouble/void入力できる最小値。
EffectiveValueany/void現在の値。
Textstring書式フォーマットされて表示されている文字列。
MaxTextLeninteger最大文字数。
TreatAsNumberboolean数値として処理する。
EnforceFormatboolean書式の確認を利用する。

書式設定 Edit

プロパティ説明
FormatKeylong書式キー
FormatsSupplierobject書式フォーマットサプライヤー。com.sun.star.util.XNumberFormatsSupplier

コントローラ Edit

コントロールのコントローラオブジェクト

formattedfield Edit

MaxTextLenshortテキスト最大長
SelectedTextstring選択テキスト
Selection.awt.Selection選択範囲
Textstringテキスト
  • void setText ( [in] string aText )
    • 文字列を設定する
  • void setMaxTextLen ( [in] short nLen )
    • 入力可能文字列最大長を指定する
  • void setSelection ( [in] com.sun.star.awt.Selection aSelection )
    • 選択状態にする
  • void insertText ( [in] com.sun.star.awt.Selection Sel, [in] string Text )
    • 指定位置に文字列を挿入する
  • string getSelectedText ()
    • 選択中文字列を取得する
  • com.sun.star.awt.Selection getSelection ()
    • 選択範囲を取得する
  • void enableRepeat ( [in] boolean bRepeat )
    • リピートモードを変更する
  • void down ()
    • 値を一つ減らす
  • void up ()
    • 値を一つ増やす

Edit

書式設定の変更 Edit

書式設定を変更するにはモデルの FormatKey プロパティを変更します。書式キーを探す、または作成するには FormatSupplier プロパティから .util.XNumberFormatsSupplier インターフェースを取得します。

aLocale = createUnoStruct( "com.sun.star.lang.Locale" )
aLocale.Language = "ja"
aLocale.Country = "JP"

oFF = oDialog.getControl("FormatField1")
oFFModel = oFF.getModel()
oFSpp = oFFModel.FormatsSupplier
oNFormats = oFSpp.getNumberFormats()

nKey = oNFormats.queryKey( "@", aLocale,True )

oFFModel.FormatKey = nKey

書式設定に関しては数書式参照。

スピンステップ値の変更 Edit

初期の設定ではスピンボタンで上下する値は 1 で、プロパティなどから変更できるように見えません。 次のようにしてステップ値を変更できます。変数は上記の例と同じと考えてください。

oFF.getPeer().setProperty("ValueStep", 0.01)

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes