Top > OOoBasic > Calc > rcisvisible

行と列の表示と非表示 Edit

行および列の表示と非表示の判断と変更を取り扱います。

行と列オブジェクト Edit

まずは,行オブジェクトと列オブジェクトの取得の仕方です。

あるセルまたは,セル範囲が属している行または列オブジェクトを取得するのが簡単です。 行オブジェクトを取得するには, Rows プロパティーを,列オブジェクトを取得するには Columns プロパティーを使用します。

Sub rcvisible_get
Dim oDoc As Object, oSheet As Object
Dim oCell As Object
Dim oRow As Object, oColumns As Object

  oDoc = ThisComponent
  oSheet = oDoc.getSheets().getByIndex(0)
  oCell = oSheet.getCellByIndex( 1, 2 )
  
  oRow = oCell.Rows
  oColumn = oCell.Columns
End Sub

最後の二行がそれぞれ,行オブジェクト,列オブジェクトを取得している部分です。

表示,非表示の判断 Edit

表示と非表示の判断には IsVisible プロパティーを使います。このプロパティーは行オブジェクトと列オブジェクトの両方ともが持っています。

Sub rcvisible_isvisible
Dim oDoc As Object, oSheet As Object
Dim oCell As Object
Dim oRow As Object, oColumns As Object

  oDoc = ThisComponent
  oSheet = oDoc.getSheets().getByIndex(0)
  oCell = oSheet.getCellByIndex( 1, 2 )
  
  oRow = oCell.Rows
  oColumn = oCell.Columns
  MsgBox "Row is visible: " & oRow.IsVisible
  MsgBox "Column is visible: " & oColumn.IsVisible
End Sub

最後の二行が行または列が表示されているかどうかを調べてダイアログボックスに表示しています。

表示,非表示の設定 Edit

行と列の表示と非表示を変更するには,上記の IsVisible プロパティーに true または false を指定するだけです。

Sub rcvisible_setvisible
Dim oDoc As Object, oSheet As Object
Dim oCell As Object
Dim oRow As Object, oColumns As Object

  oDoc = ThisComponent
  oSheet = oDoc.getSheets().getByIndex(0)
  oCell = oSheet.getCellByIndex( 1, 2 )
  
  oRow = oCell.Rows
  oColumn = oCell.Columns

  oRow.IsVisible = false
  oColumn.IsVisible = false
  MsgBox "Row is visible: " & oRow.IsVisible
  MsgBox "Column is visible: " & oColumn.IsVisible
  oRow.IsVisible = true
  oColumn.IsVisible = true
End Sub

最後の方で行と列を非表示にしたり,表示したりしています。


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes