Top > OOoBasic > Calc > printarea

印刷範囲 Edit

シートの印刷範囲を設定します。

インターフェース Edit

印刷範囲を取り扱うには .sheet.XPrintAreas インターフェースのメソッドを使用します。

.sheet.XPrintAreas interface
sequence<.table.CellRangeAddress> getPrintAreas ()シートの印刷範囲を返す
void setPrintAreas (
[in]sequence<.table.CellRangeAddress> aPrintAreas )
シートの印刷範囲を設定する
bool getPrintTitleColumns ()Trueならページ全てにタイトル列が印刷される
void setPrintTitleColumns (
[in]boolean bPrintTitleColumns )
タイトル列をページ全てに印刷するかどうか
struct<.table.CellRangeAddress> getTitleColumns ()タイトル列に設定された列範囲を返す
void setTitleColumns (
[in].table.CellRangeAddress aTitleColumns )
タイトル列範囲を設定する
vool getPrintTitleRows ()Trueならページ全てにタイトル行が印刷される
void setPrintTitleRows (
[in]boolean bPrintTitleRows )
タイトル行をページ全てに印刷するかどうか
struct<.table.CellRangeAddress> getTitleRows ()タイトル行に設定された列範囲を返す
void setTitleRows (
[in].table.CellRangeAddress aTitleRows )
タイトル行範囲を設定する

印刷範囲の設定 Edit

印刷範囲の設定には setPrintAreas メソッドを使用します。

void setPrintAreas( [in] [].table.CellRangeAddress aPrintAreas )

この setPrintArea メソッドの引数に使用する .table.CellRangeAddress で印刷する範囲を設定します。

.table.CellRangeAddress
Sheetシート
StartColumn開始列
StartRow開始行
EndColumn終わりの列
EndRow終わりの行

3 番目のシートのセル範囲 A1:C10 を印刷範囲に設定してみます。

Sub printarea_1
Dim oDoc As Object
Dim oSheet As OBject
Dim aRange As New com.sun.star.table.CellRangeAddress 
  oDoc = ThisComponent
  oSheet = oDoc.Sheets(2)
  With aRange
    .Sheet = 2
    .StartColumn = 0
    .StartRow = 0
    .EndColumn = 2
    .EndRow = 9
  End With
  
  oSheet.setPrintAreas(Array(aRange))
End Sub

最後の行で setPrintAreas メソッドの引数を sequence にするために Array ランタイム関数を使用しています。範囲が一つの時にはこれを行わないとうまく設定されません。

印刷範囲の取得 Edit

印刷範囲の取得には getPrintAreas メソッドを使用します。

[]com.sun.star.table.CellRangeAddress getPrintAreas()

タイトルの設定 Edit

表が複数ページにわたって印刷されるときはタイトル列やタイトル行をほかのページに印刷することもできます。

タイトル列とタイトル行を使用するかどうかはそれぞれ,setPrintTitleColumnssetPrintTitleRows メソッドを使用して設定します。True に設定することでタイトルが印刷されます。

void getPrintTitleColumns( [in] boolean bPrintTitleColumns )

void getPrintTitleRows( [in] boolean bPrintTitleRows )

タイトルに使用する列と行を設定するためにはそれぞれ, setTitleColumnssetTitleRows メソッドを使用します。

void setTitleColumns( [in] .table.CellRangeAddress aTitleColumns )

void setTitleRows( [in] .table.CellRangeAddress aTitleRows )

上記の .table.CellRangeAddress を引数にとります。

タイトルの取得 Edit

タイトルに関する設定を取得するメソッドもあります。

タイトル列とタイトル行を使用するかどうかはそれぞれ, getPrintTitleColumnsgetPrintTitleRows メソッドを使用して取得します。

boolean getPrintTitleColumns()

boolean getPrintTitleRows()

タイトルに設定された範囲を取得するメソッドはタイトル列,タイトル行それぞれ, getTitleColumnsgetTitleRows メソッドです。

.table.CellRangeAddress getTitleColumns()

.table.CellRangeAddress getTitleRows()


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes