Top > OOoBasic > Calc > chart2 > FirstDiagram

ダイアグラム Edit

チャートドキュメント内に配置されるダイアグラム。

ダイアグラムの構造 Edit

ダイアグラムは見た目の設定やチャートのデータなどを保持しています。

ChartDocument チャートオブジェクト
 |
 - FirstDiagram ダイアグラム
    |
    +- [] CoordinateSystems 座標系 - Axis 軸
        |
        - [] ChartTypes チャートタイプ
           |
           - [] DataSeries データ系列
              |
              - [] LabeledDataSequence ラベル付きデータシークエンス
                 |
                 + DataSequence (Values) データシークエンス データ指定
                 - DataSequence (Label) データシークエンス データラベル指定

※ [] はシークエンスとして保持されることを示します。

  • チャートドキュメントにはダイアグラムがあり、グラフを描きます
  • ダイアグラムに座標系があり、描かれるデータなどを保持しています
  • 座標系に含まれるデータはチャートの種類ごとに分けられています。たとえば、カルテシアンやラジアン。軸は座標系からアクセスできます
  • 各種類はその種類のチャートに描写されるデータ系列を保持します
  • データ系列にはラベル付きデータシークエンスが保持されており、Role で指定した役割を持つデータです。線が二本ある XY グラフではデータ系列は二つあります
  • 各データシークエンスは X や Y のデータといったデータを保持します。
    Role が Y へのラベルの指定は凡例など系列のラベルになります。

たとえば、縦棒と折れ線の合わせグラフ (棒グラフと折れ線グラフの組み合わせ) はチャートタイプを二種類持ちます。そして、その各チャートタイプにはそのタイプに所属する数だけのデータ系列があります。(棒グラフと折れ線には Y のデータしかないため) データシークエンスには Y のデータが含まれます。

ダイアグラムの取得 Edit

チャートドキュメントからダイアグラムを取得します。

oDiagram = oChart.getFirstDiagram()

注: getDiagram メソッドで取得できるダイアグラムは chart 用で chart2 用ではありません。

プロパティ Edit

3D チャートの色などの設定、ダイアグラム自体の背面の色など。


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes